クレジットカード利用者向けの非常にシンプルな便利帳

クレカナビ

困った時のヘルプ

海外旅行先でクレジットカードを落としたり紛失した時の対応法

更新日:

クレジットカード海外で紛失

「Where is my credit card?」

盗まれたのか、あるいは落としたのか。
楽しい旅行が一転、テンションがた落ち。

「不正利用されたらどうしよう?」
「盗難手続きはどうすれば!?」
「現金に余裕はあるかな…」

そんな心配、気苦労がいっぺんにやってくる。

海外でのクレジットカードの紛失は、国内でのそれ以上に精神的ダメージが強いかと思います。

もし、これを読まれている方が旅行前なら、クレジットカードを入れておく場所やサイフの管理について改めてご確認を。そして緊急の連絡先はメモしておきましょう(詳しくは後述)

もし、これを読まれている方がちょうど失くした直後なら、とりあえず一呼吸おいて落ち着いてください。そしてご安心を。いくつかの手続きで対処できますから。

紛失・盗難ヘルプデスクへすぐに連絡

まず最初にしなければならない手続きは、クレジットカード発行会社のウェブサイトにある「海外での紛失・盗難」に関するページを開き、該当する連絡先に電話して、カードの利用を停止させます。

どのクレジットカード会社も、サイトの分かりやすいところに「紛失・盗難時はこちら」という案内があり、その中に海外専用、または渡航先別で電話番号が掲載されています。国際電話料金はかかってしまいますが(カード会社によっては無料)、基本的には24時間365日対応。携帯から連絡できない場合もあるので、その時はホテルの固定電話などを使ってください。

クレジットカードの発行元をド忘れした!?

普段から利用していて、毎月明細を見ているクレジットカードの発行元を覚えていないなんてまぁほとんど無いとは思いますが…カード紛失直後だと、テンパってド忘れしてしまうことはあるかと。

発行会社はカードの裏面に書かれていますが、その肝心のカードを落として手元にない状態ですから、調べようがありません。

もし万が一思い出せない時は、自宅に連絡して明細を見てもらって下さい。(家族等が在宅の場合)あるいは、Web明細を使っているなら、登録したメールアドレス宛に発行元から不定期でご案内などのメールが届いているかと思いますので、そのメールを探して発行会社をご確認下さい。

そうした手間を省くためにも、利用しているクレジットカードの発行元と、渡航先でクレジットカードを紛失した際の連絡先は、旅行前にメモしておきましょう。

現地の警察へ盗難・紛失届けを出す

クレジットカードの発行元に連絡したら、次は現地の警察へ行って盗難・紛失に関する証明書を発行してもらいます。これはあとで保険適用させる際などに提出が必要になってきます。

警察で英語で事情を言いたい時は

I've lost my credit card.
(アイ ハブ ロスト マイ クレジット カード:カードを失くした)

と伝えます。そしてもう1つ、

Please make out a report of the loss certificate.
(プリーズ メイク アウト ア レポート オブ ザ ロス サーティフィケイト: 紛失証明書を作成してください)

あるいは

Please make out a report of the theft.
(プリーズ メイク アウト ア レポート オブ ザ セフト:盗難証明書を作成してください)

英語でこのように伝えます。旅行者からの警察へのこうした依頼はよくあることですし、たいていマニュアルに則ってサクサク手続きしてくれますので、証明書を受け取ってください。

その他、事前に不安を解消する手段

これは事前のリスク回避というわけではありませんが、JCBカード利用者でロサンゼルス、ホノルル、グアム、パリ、香港、ソウル、バンコクへの渡航中でカードを紛失した場合、現地にある「JCBプラザ ラウンジ」および「JCBプラザ」にてカード紛失の届出→緊急で再発行もできます。詳しくはサイトにてご確認下さい。

もしものために2枚目のクレジットカードを用意

一人旅で頼る人がいない、また一時的にもお金を借りる相手がいない、手元の現金が足りない…。そんなときために、もう1枚カードを用意して分けて持ち歩いておくと安心です。備えあれば憂いなし。2枚目を用意するなら、メインカードと違うブランドにしましょう(例えば、メインはVISA、サブにマスターカードなど)。国によっては使えるカードの種類が限られていたりします(実際、ロシアではアメックスはほぼ不可でした)。

現地ATMで出金できるインターナショナルキャッシュカードも用意

これは私も利用しています。三菱UFJデビット、三井住友銀行のVISAデビット、りそな銀行のVISAデビット、イオン銀行のデビットカードなどのカードは海外のATMでも自分の口座から現地通貨で資金を引き出しできます。VISA対応のお店でも支払いに使えますから、わざわざ空港や街の両替所で日本円を現地通貨に換金する手間も省けます。これらの銀行口座を普段利用しているなら、事前にデビットカードを申し込んでご準備を。

まとめ:海外旅行先でのクレジットカードを紛失した時の対応手順

1.カードの紛失・盗難デスク(渡航先専用)に連絡
(基本的にはどのカード会社も日本人スタッフによる日本語対応です)

2.現地の警察で紛失証明書を発行してもらう

2についてはケースバイケースなので、まずはカード会社の紛失・盗難デスクに連絡してそのあと警察へ行くべきかどうかもオペレーターにご確認下さい。そして、もしも紛失してしまったときのために、ブランドの違うクレジットカードを複数枚所持しておくことと、現地通貨を引き出しできるプリペイドカード・デビットカードも所持しておくと安心です。

ということで、海外旅行先でクレジットカードを紛失しても困らないための予備知識として、また紛失してしまった時の対応マニュアルとして、当コラムが参考になりましたら幸いです。

Copyright© クレカナビ , 2021 All Rights Reserved.